結婚祝いはいつ渡す?

お花結婚祝いに重要なのは何をプレゼントするかというだけでなく、どのようなラッピングで送るかということも関係します。プレゼントを差し上げたときに新郎新婦が一瞬で喜んでもらえるように可愛らしいラッピングを行いたいと思うでしょう。しかし結婚祝いという厳粛な場ですので、通常のプレゼントとは異なります。やはり礼節、つまりマナーをしっかりと踏まえた上でプレゼントをしましょう。結婚祝いのにふさわしい礼節として大切なのは掛け紙です。フォーマルなギフトにはのし紙をかけて送ります。御結婚祝いや寿といった言葉を記して送るようにしましょう。

さらに結婚祝いを贈るタイミングも重要です。結婚式当日に渡すという方法もありますが実際のところ当日に渡されると新郎新婦にとっては荷物が増えてしまうということになります。そのためマナーとしては、結婚式の1、2ヶ月前から送るのが良いとされています。もし結婚式前には新居の準備がなかなか間に合わないという場合には、結婚したあとにプレゼントを贈るという方法もあるかもしれません。いずれにしても新郎新婦にとって、どのタイミングでもらうのが一番良いのかを考慮する必要があるでしょう。 このような配慮の上に結婚祝いを考えるなら、お互いにとって幸福なひとときとなるに違いありません。結婚という華やかな場をさらに飾れるようなプレゼントを用意してあげましょう。

Pocket

プレゼントの相場とは

お金ところで結婚祝いの相場はどれぐらいの金額なのでしょうか。それは結婚する人との自分との関係性によります。一般的な相場として友人や会社の方に送る場合は、1万円から2万円ぐらいと言われています。それぐらいの値段であれば結婚という華やかな場にふさわしい、それなりに高価なものを差し上げることができますし、また相手がそのプレゼントをもらうことによって逆に気を使ってしまわない絶妙のラインと言えるでしょう。また結婚する人が自分の家族や本当に親しい親友ともいえる存在であれば、3万円から5万円ほどが相場といえるようです。これぐらいまとまった金額であれば多少高価なものであったとしても本当に新郎新婦が必要とするもの欲しいものを用意してあげることができるでしょう。

一生に一度の晴れ舞台ですので、結婚祝いを贈る側も貰う側も良い思い出となるようなプレゼントを選べるようにしましょう。その上では細い値段を考えるよりも、これまで培ってきた関係性において相手が喜びそうなものをピックアップしてプレゼントするのも効果的です。またざっくばらんに結婚祝い何が欲しいかを聞いてしまうのも良いかもしれません。関係性によるかもしれませんが結婚祝いを受け取る側としても本当に必要なものを欲しいと思うのは当然のことです。もしも高価な物であれば友人同士協力し合ってプレゼントをするという方法も取れるかもしれません。

Pocket

プレゼントに悩んだ時は

結婚祝いとして何をプレゼントするかを決定する上で、一つの基準としたいものが他とはかぶりにくいものであるということです。せっかくプレゼントしたのに他の人たちのプレゼントとかぶってしまい、新郎新婦がいくつも同じものを持ってしまうということをなるべく避けたいと思います。知り合いばかりが集まる結婚式であればお互いに何をプレゼントするのかということを事前に打ち合わせることも可能ですが、多くの場合は誰が何をプレゼントするのかまでは把握できないことでしょう。

カタログそこでおすすめなのが欲しい物が選べるカタログギフトです。カタログギフトであれば自分の予算内でさまざまなものを新郎新婦の好みで選んでもらうことができます。もちろん新郎新婦がそのカタログギフトの中から、自分たちが持っていないもの、自分たちではなかなかお金を出して買うことはできないもの、また当然他のプレゼントと被らないものを選ぶことができます。新郎新婦が何を必要とするかを全て把握することは難しいので、こうしたカタログギフトのプレゼントを通して好きなものを選んでもらえるようにしておくのはひとつの親切と言えるかもしれません。もちろん自分が気に入っているキッチンツールや、本当に素敵と思えるペアグッズなどがあればそうしたものをプレゼントすることも良いでしょう。

Pocket

結婚祝いに印鑑をプレゼントしよう

印鑑結婚祝いに何をプレゼントするかというのはなかなか決めるのが難しいことかもしれません。結婚する相手の好みや、自分との関係性、また予算などさまざまなことを考慮しながら、丁度良い結婚祝いを用意する必要があります。また結婚祝いという特別な贈り物のため、さまざまなマナーについても考慮する必要があるでしょう。予算相場や送る時期、またどのようなメッセージを添えればいいのかなど結婚祝いならではの数々の考慮しなければならない点があります。

結婚祝いとして喜ばれるプレゼントの一つに印鑑があります。印鑑と言うと華やかな結婚というイメージとは結びつき難い、非常に地味なイメージがあるかもしれません。しかしながら女性にとっては特に結婚を機に苗字が変わることになりますので、そうした人生の大きな節目に新しい印鑑をプレゼントすることは実用性も兼ねた非常に良いプレゼントとなるでしょう。印鑑をプレゼントする場合には、できあがるまでに1から2週間かかることもありますので、なるべく早めに準備を行っておく必要があります。また通常の印鑑とは異なり、結婚祝いという華やかな装いにぴったりの印鑑にするためクリスタルやローズクォーツといった一見すると素敵なインテリアと見間違うほどの美しい素材で印鑑を作ってくれる会社もあります。そのように一見地味に思える印鑑という存在を、結婚という華やかな舞台に合わせてひとつのインテリアのようにオーダーメイドしてあげるのはとても喜ばれるプレゼントとなるでしょう。

Pocket